カテゴリー
43_運動 フェリシモ

動画とテキストで学ぶ”ゆるい太極拳”体験レポ

自宅に居ながら”自分磨き”が出来ると話題のフェリシモ【ミニツク】おうちレッスン講座のひとつ、動画とテキストで学ぶことが出来る「ゆるい太極拳」とは一体どのような内容なのか?

フェリシモ主催、ゆるい太極拳を監修&指導にあたった田嶌(たじま)先生を迎えてのオンライン体験会※に参加。レッスンを受ける機会に恵まれました。

”ストイック”ではなく”ゆるく”太極拳を行うとで心身共にリラックスできることを実感しました。

※ブロガー向けに開催された今回限りの体験会です。

※画像クリックでフェリシモ「太極拳」申込みページに遷移します。

動画とテキストで学ぶ「ゆるい太極拳」とは?

動画とテキストで学ぶ「ゆるい太極拳」はフェリシモ【ミニツク】おうちレッスンより申し込みをすることが出来る12回予約レッスンプログラム※です。

※申込方法詳細は記事末尾「申し込みするには?」に記載。

最大の魅力は楽しく続けられる、はたまた達成感を得る工夫がいっぱい詰まっていること。

月1回届くイラストいっぱいのテキスト教材と動画を使って、1年間(12ヵ月)かけて「からだ喜ぶ&こころ整う太極拳」を自宅に居ながら学ぶことができます。

Q.初心者でも大丈夫?

A.大丈夫です。

太極拳と言えば24式がメジャーですが、ゆるい太極拳では12式に簡略化しています。

覚えるべきポーズを減らした分、ひとつひとつのポーズについて深掘り&丁寧に説明されているため分かりやすく、達成感を得ながら進めることが出来ます。

テキストにつけられた「QRコード」を読み込みことで動画を見ることが出来るのもグッド♪

動画で全体の動きのイメージを捉えた上でイラストで細かい動きをチェックすることが出来るので全くの初心者でも安心して学ぶことが出来ます。

Q.どんな教材が届くの?

A.1回(ひと月)に配達される教材内容(例)です。

テキスト1冊
カード20枚
カードケース1個
太極拳日和新聞1枚
セット内容※フェリシモHPより仕様一部抜粋

※初回のみカードの上記のほか、使い方説明書、先生からのお手紙が同梱されます。

カードは毎月20枚ずつ、12カ月かけて、全レッスンで合計240枚揃います。

Q.教材の難易度はどの程度?

A.見ているだけで楽しい&癒される教材で初心者から経験者まで楽しめる内容です。

教材テキストはイラストいっぱいでまるで絵本のようです。

それでいて深掘りされた内容で「あーそうゆうことだったのね」など太極拳経験者でも勉強になる内容になっています。

デジタル時代にあってアナログ、手描きのイラストから構成されているテキストは見ているだけで癒されます。

太極拳の動きそのものとは関係ないのですが個人的に漫画楽しむ「太極拳日和新聞」も共感できる部分が多く大好きです。

なかなか眠れない夜、また練習の息抜きにおススメです。

Q.まとまった時間が取れなくて大丈夫?

A.大丈夫です。

まとまった時間がとれない人におススメが太極拳の動きやポイントなどが記載されたカードです。

苦手なポーズのカードをポケットに入れておけば隙間時間にいつでも太極拳を反復復習することが出来ます。

ゆるい太極拳を体験する。

体験会ではフェリシモ・ミニツク「体験会プログラム」の監修に当たった田嶌先生を迎えて、ゆるい太極拳を実践する時間が設けられました。

Zoomによるオンライン方式※で、田嶌先生と直接会って指導を受けた訳ではないのですが画面越しでも田嶌先生の動きはしっかり伝わってきました。

※今回限りの特別企画のためZoomによるオンラインレッスンは「ゆるい太極拳」プログラムには含まれませんが同じ内容が教材として届きます。

準備運動

先ずは気功を取り入れた準備運動をしっかり行いました。

単にカラダを動かすのではなくしっかり長い時間かけて”気を整える”ことを意識して行います。

”気功”を取り入れると準備運動だけでもここまでカラダは変わる!?

ひと通り準備運動を終える頃にはバランスがとれた姿勢になったというか、カラダの整った感じを得ることが出来ました。

太極拳

太極拳で行ったのは”スワイショウ”※でした。

※太極拳の動きの中でスワイショウは準備運動の位置付けであるとのこと。緊張した体をゆるませるために行います。

”スワイショウ”と言えばNHKあさイチ特集「40代から危ない!コケない体をつくる※」が放送された時の事。

おススメの太極拳の動きとしてやはり「スワイショウ」が紹介されていました。

※2020年10月28日放送。「太極拳」を行うことでバランス力アップ&転倒予防が期待できる”と紹介されてました。

”スワイショウ”=ひとつの動きと思っていたのですがフェリシモ・ミニツク「ゆるい太極拳」では田嶌先生から教わった動きはひねりを入れたタイプなど更に深掘りした内容でした。

簡単な動きに見えて奥が深いのだなぁ(感動)。

”スワイショウ”を終える頃には心身共にリラックス。太極拳とは動く瞑想なのだということを実感することが出来ました。

体験を終えて

田嶌先生の説明が非常にわかりやすく、話の折りに触れて入る余談も非常に興味深い内容だったため、あっという間に時間が過ぎていきました。

準備運動、そして太極拳では”スワイショウ”の1つの動きのみの体験でしたが終えた後の満足感は非常に大きなものとなりました。

カラダがゆるむ感覚とは、こんなにも気持ちが良いことなんだなぁと言うことを実感することが出来ました。

まとめ

白状するとこれまでにもフィットネスクラブなどで太極拳を体験したことがありました。

常連さんばかりで皆さん難なく動いているのに初心者の私には全く出来ない状態(悲!)

ひとつの動きについていくのが精いっぱいでキョロキョロ。

カラダを気持ちよく動かすというよりは頭だけ疲れてしまい直ぐにやめてしまっていました。

フィットネスクラブでの挫折を経て「ゆるい太極拳」を知った当初、実は”ゆるい太極拳”では物足りないのでは?と思っていました。

しかし体験会を終えて”ゆるい”とは決していい加減という意味ではないのだな、と言うことが分かりました。

”ゆるい”とは、マイペースで続けることができるということ。何時でも何処でも太極拳を実践できるということ。

自分のカラダ、特に精神(心)にとって本当の必要なこととは、周囲に合わせて太極拳を行うものではなく、自分自身を見つめるために行うものなのだと気づくことができました。

「ゆるい太極拳」に申込みするには?

記事で紹介した「ゆるい太極拳」は以下より詳細URLにて確認&申込することができます。

申込み月より1年間=12回(通常12ヵ月)、毎月一度テキスト一式が配達されます。

テキストに書かれている内容は動画でも確認することが出来るので安心。

動画で大まかな動きを捉えた後はテキストでじっくり動きをチェックすることが出来ます♪

支払いは月謝ならぬ毎月1回。

12か月支払う総額は約2万円程度なのでまとめて支払っても良い気がするのですが毎月届く、毎月払うからこそ続けていくモチベーションに繋がる可能性がります。

注意点として、途中解約は原則できません。