レジカゴリュックbyフェリシモ に軽くてコンパクトタイプ登場!

2019年5月東京原宿で開催された展示会にて日々の買い物が時短できる&楽になったと話題!「レジカゴリュック(FELISSIMO フェリシモ販売)」最新モデルをチェックしてくることが出来ました。

最大の魅力は軽くてコンパクトになったこと!

外出先からの帰り道、スーパーに寄って買い物をしたい時などコンパクトに畳める&軽量化した「レジカゴリュック」は更に使えるグッズに進化しました♪


スポンサードリンク



「レジカゴリュック」とは?

「レジカゴリュック」とはスーパーで使うレジカゴにセットして使えるエコバッグのことです。

お洒落なデザインに加えてリュックとして使えることから

「両手が空くから子連れで買い物するときに便利」
「自転車に乗って使える」
「重たい買い物荷物を楽に運ぶことができる」

など人気沸騰中です。

【参考】レジカゴリュック体験談、商品別比較した内容を別記事にてアップしています→https://maja.sumomo.ne.jp/archives/tag/shoppingbag/

レジカゴリュック 〈ポータブル軽量〉の魅力

「もう少し軽くなると良いな」というユーザ意見を受けてアップデートされた レジカゴリュック 〈ポータブル軽量〉ですが使いやすさ&耐荷重そのまま軽量化を実現しています。

●重さ=約350g
●耐荷重=12㎏

ちなみに我が家にある従来版レジカゴリュックの重さを測ってみると450g※でした。

※仕様状はもう少し重量があったと記憶、個体差がある模様。

何れにせよわずか100gされど100g

少しでも荷物を軽くしたい人(私)にとっては嬉しい変化です。

軽量化されても耐荷重は同じというのも嬉しい限り。これまで通り安心してたくさん詰め込めます(笑)。

check! 軽量化の秘密

軽量化の秘密はレジカゴリュック本体に使われている生地や素材を軽いモノに変えたこと。

塵も積もれば山となる。

レジカゴリュック〈ポータブル軽量〉のデティールを深掘りするほど小さな努力の積み重ねで軽量化を図っている様を垣間見る事ができます。

軽量化要素としては大いに貢献したと想像!本体生地にはアウトドアグッズで使われることが多いポリエステル素材を採用しています。

アウトドアグッズによくある作りですが薄手でも強度を高めるため格子状にラインが入っていることが分かります。

ショルダー部では更なる軽量化を実現するため半透明生地を採用。

背負った荷物が集中することより荷重負荷が高くなるショルダー部には身生地以上に強固に格子状ラインが入っています。

写真:レジカゴリュックで使われているジョイント部を比較しています。

従来版レジカゴリュック(写真左)の場合はジョイント部に金属製の金具を使っていました。

他方、最新版「 レジカゴリュック〈ポータブル軽量〉(写真右) 」ではジョイント部にプラスティック留め具を採用、軽量化を図っていました。

check! どこまでコンパクトになった?

使わない時はここまでコンパクトに畳んで持ち運びすることが出来ます。

フェリシモ商品仕様より折り畳み時サイズ(概算)は以下のとおり。

縦20cm×横29㎝×厚み6㎝

ノート、雑誌に多いA4サイズ(縦21㎝×横29.7㎝)とほぼ同じサイズまで畳めるため気軽にバッグに入れて持ち運ぶことが出来そうです。

折り畳み時の「厚み」について

実際に持ってみた感触では「6㎝もあるのかな?」というのが個人的に持った印象です。

畳んだレジカゴリュックは空気を含んで厚みが出るのかな?

いずれにせよクッション性が出ることでスマホなど衝撃防止に丁度良さそうです(笑)。

使い勝手をチェック!

使い勝手を左右するレジカゴリュック〈ポータブル軽量〉デティールをチェックします。

軽くなっても機能性はそのまま従来版レジカゴリュックの使い勝手を踏襲しつつ小さなアップデートでより安心して使えるようになりました 。

内外ポケット

従来版レジカゴリュック同様、大き目の内ポケットがついています。

ファスナー付きなので財布など大切なものを収納しておくと便利です。

外側ポケットもやはり従来版レジカゴリュックと同じ、マグネットボタンで簡単に開閉可能になっています。

個人的に小さなアップデートながら良いなと思ったことはポケット縁に反射テープ(黒ぶちのストライプのライン)がついたこと。

歩行者が巻き込まれる事故が多くなる中、夜道に光ってくれる反射テープのおかげで安心して歩くことができます。

メインファスナー

スーパーのレジで会計を済ませた後、レジカゴリュックを閉じるために使うメインファスナートップも小さくアップデートされた部分です。

アウトドアバッグに寄せたデザインと想像。

持ち手にゴムがついてスムーズに開閉しやすくなっています。

メインストラップ

レジカゴリュックに入った買い物商品をしっかりまとめるためにマスト!

脇につけられたストラップは従来どおり中心に向けて巾着のごとく結んでいくことが出来ました♪

肩掛けショルダー

リュックとして使う事ができることで話題のレジカゴリュックですが実は肩掛けして使う事もできます。

肩掛け用のショルダーストラップは素材&作りともに従来版レジカゴリュックと同じ。

レジカゴリュックをぐるり囲むように縫製されていることから荷物が入った状態でも安定的に持つことができます。

実際に使ってみた様子

展示会にてフェリシモ女性スタッフさんに実際「レジカゴリュック〈ポータブル軽量〉 」を背負った様子を撮影。

見た目は従来版レジカゴリュックとまるで同じ印象ですが実際に背負うと「軽いなぁ~」という事を実感します。

最大積載量となる12㎏を背負った訳ではないもレジカゴリュック本体が軽くなったことで背負いづらい感も感もありません。

写真左:ジャンボタイプ、写真右:ポータブル軽量、それぞれリュックとして背負った様子を並べて比較しています。

厚みこそないショルダーストラップですが幅を持たせていることから「面」の力!ジャンボタイプと変わらず、安定的に背負うことが出来るのだなということを確認することができました。

レジカゴリュック 〈ポータブル軽量〉 を購入するには?

記事で紹介した最新軽量版のレジカゴリュックはフェリシモ「フェリシモ 大量買いもらくらく! レジカゴリュック〈ポータブル軽量〉の会【送料無料】」にて購入することが出来る定期便です。

●毎月1回3種デザインより1つずつ配達さます。
●デザイン指定は出来ません。

定期便ですが1回のみ購入のみでストップすることも可能です。

デザイン指定はできませんが個人的にどの色が届いても良いかなと言ったイメージです。

私しかり「1つあればば十分」と考えている人が多いのでは?1回のみ購入で定期便ストップしている人が多いとのではと想像しています。


スポンサードリンク