「オートアルバム」活用例で見る料金比較

P1170604

シンプルな機能に特化して早い&安い「Auto Album(オートアルバム)」について、以下2パターンで料金比較してみました。

  1. 1ページ1枚の写真を収めて写真集ライクにフォトブックを作る場合
    「一般的なフォトブック」と「オートアルバム」で料金比較
  2. 保存&整理にフォトブックを活用する場合
    「DPE印刷した写真をアルバム収納」と「オートアルバム」で料金比較

TOP写真:オートアルバムモニター企画に参加中です。1ページ1枚の写真でフォトブックを作成した例。「オートアルバム」de100頁フォトブック作ってみた。にて作ったフォトブックの様子を詳細レビューしています。


スポンサードリンク



1.1ページ1枚に写真を収めて写真集ライクにフォトブックを作った場合

全ページ同一フォーマットとなる「オートアルバム」ですが、1枚/1ページを選択すること「プロ写真集ライク」のフォトブックを楽しむことが出来ます。

一般的なフォトブックのように細かな設定やカスタマイズは出来ない一方で、価格を低く抑えることが可能になっています。

以下、自分好みにカスタマイズ可能!通常のフォトブック「MY BOOK(マイブック)」と「AutoAlbum(オートアルバム)」で1ページ1枚の写真を収めたフォトブックを作った場合の料金比較をしてみました。

【前提:比較するフォトブック想定】

  • 表紙:ハードカバー
  • 写真:1枚/1ページ
  • サイズ:A4(横向き)
  • ページ数:100
オートアルバム マイブック通常フォトブック
ART-HC 200Y
価格 ¥6,091※1 ¥15,336※1
アルバムサイズ(mm) 292 × 214 297 × 210
背幅(mm) 11 13.5
本文 UVニス加工 ニス加工
製本 上製本※2 本文無線綴じ※3
表紙仕上げ 記載なし 光沢ラミネート加工
ケース なし 半透明ブックケース
その他 透明の扉(トレーシングペーパー)
  • ※1:価格は2014年4月現在内容
  • ※2:本の中身を糸で綴じた上、別仕立てで厚めの表紙でくるむ方法
  • ※3:本文を表紙でくるみ、背の部分を糊で固めた製本方法

考察

「AutoAlbum(オートアルバム)」の値段は、通常フォトブック「MY BOOK(マイブック)」と比べて格段に安いことがわかります。

一生の記念となる写真を保存する上で大切なことは「写真」がどれだけ劣化させずに長持ちさせるか、ということになりますが、AutoAlbum(オートアルバム)、MY BOOK(マイブック)共に「本文=ニス加工」となっているため、経年劣化はほぼ同じ程度と想像します。

なお「UVニス加工」「ニス加工」と表記違いはあるも同じことを言っていると思われます・・・多分(^^;。

次に「AutoAlbum(オートアルバム)」に比べて価格が高く設定されている「MY BOOK(マイブック)」ならではのメリットをあげてみます。

  • レイアウト編集など、きめ細かい設定が出来る。
  • 表紙仕上げに高級感がある。
  • ケースがついてる。

外観、見た目にコストが掛かっていることから「記念」「贈りもの」に向いていますね。

2.写真保存&整理に「フォトブック」vs「DPE印刷」を行った場合

AutoAlbum - Mozilla Firefox 20140413 105549

AutoAlbum(オートアルバム)の場合、1冊のフォトブックに最大1600枚、自動で時系列表示してくれるため、うんざりする程たくさんある写真を整理・収納する時に活用すると便利です。

「写真を並べて整理する」といえば「DPE印刷」で写真をプリントアウト&アルバムに整理するパターン。コスト面でどの程度差がでるのか比較してみることにしました。

【前提】1,600枚の写真を整理したい。

なお比較のために使った価格は2014/4現在の値を使用しています。

印刷サイズ
(mm)
1枚辺り価格 送料 アルバム価格
オートアルバム①
(16枚/1ページ)
100ページ1冊
60.5 × 41.5 約3.8円※2 メール便:162 円※4 アルバム込み価格
オートアルバム②
(3枚/1ページ)
300ページ6冊
116 × 83 約20.3円※2 宅急便:432 円※5 同上
DPE印刷※1
300枚単位6回注文
119 × 89 約4円※3 600円※6 別途購入※7

 

  • ※1:価格.comにてDPE印刷時の最大注文単位=300枚だったため300枚料金を元に計算。最安値としては初回キャンペーン付きのものがあったもののキャンペーンなしの場合と料金が殆ど変わらないこと、初回しか安くならないことから比較対象から外しています。
  • ※2:①=オートアルバム「A4横長1600枚収納ハードカバー総額÷1600枚」で1枚辺り料金を2014年4月料金にて算出。②=オートアルバム「A4縦長300枚収納ハードカバー総額÷300枚」で1枚辺り料金を2014年4月料金にて算出。ソフトタイプカバーで作成した場合、若干安くなるも長期保存を考えた場合ハードカバーが良いので除外。
  • ※3:価格.com「DPE印刷300枚注文時最安値÷300枚」より1枚あたり料金を2014年4月料金にて算出。
  • ※4:オートアルバム①の場合、フォトブック1冊となるので「メール便」指定可能。
  • ※5:オートアルバム②の場合、1600枚の写真を収納するには6冊作成する必要があるため宅急便での配達になると想定。
  • ※6:1回注文あたり送料100円より1600枚注文の場合、6オーダー=600円分の送料がかかると想定&算出。
  • ※7:ハードタイプ300枚収納アルバム料金×6冊の価格がかかると想定。

考察

DPE印刷サイズに合わせてオートアルバムを作る場合、オートアルバム②を注文することになります。1枚辺り写真の価格=20.3円とDPE印刷した場合約4円に比べると高く感じますが、DPE印刷にはアルバム代が含まれていません。

300枚収納アルバムの価格はピンからキリまであるので単純に比較できませんが最低1000円程度と考えておけば良いと思います。

DPE印刷サイズの約半分のサイズになりますが、ともかくも安く簡単にオートアルバムを作りたい場合、1ページ16枚に写真を印刷するパターンであるオートアルバム②を注文するとアルバム代込みでもっとも安く仕上げることが出来ます。

個人的にはDPE印刷した写真をアルバムに収納する手間が面倒であること、写真を空気から遮断出来るタイプのアルバムであってもどうしても空気が入り込み、写真の劣化が進むことからフォトブックタイプを選びたいと思っています。

AutoAlbum - Mozilla Firefox 20140411 210814

 

▲1ページに8枚の写真を印刷した場合

後回しにしないことが大切

  • パソコンに収めた筈の写真(画像)がいつの間にか消えていた!
  • パソコンが立ち上がらない!!
  • プロの写真(画像)集もどきに凝ったフォトブックを作りたいと思っている内に3年経ってしまった!!

写真の保存形態に選択肢が増えて便利になりました。大切な写真を失わないために、マメに写真(画像)を整理、記録ようにしたいですね^^。


  • 簡単にフォトブックを作りたい人にオススメ!!オートアルバム詳細はこちら → AutoAlbum
  • ギフト、こだわり派にオススメ!!マイブック詳細はこちら → MyBook


スポンサードリンク