レンジ&真空保存FOSAで味しみ万能チャーシュー作り方

電子レンジ&真空保存(FOSA)を使って作り置きに便利なチャーシューを作ってみました♪

下味時に真空保存(FOSA)する事短い時間でもしっかり肉に味が浸みておいしいチャーシューが出来上がります。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』


モニター用FOSA提供:ショップジャパン
参考にしたレシピ:FOSA「カンタン真空レシピン」


スポンサードリンク



万能チャーシューの作り方

材料

豚肉ロース400g×2
薬味※1しょうが・にんにくねぎ:各1かけ。ねぎ:(青い部分)5㎝程度×2
調味液※2しゅうゆ:100ml/酒:大匙4/酒:大匙4/みりん:大匙4/八角:適量
2人前

八角はオリジナルレシピには含まれていませんでしたが個人的に大好きな香辛料なので加えています。1/2程度でも香りがつきます。

作り方

(1)下味をつける。

万能チャーシュー下味

真空保存容器コンテナ(FOSA)に豚肉、※1薬味、※2調味料を入れる。

(2)味を浸み込ませる。

真空保存することで短時間でも肉に調味液が浸みこんでいきます。

調味液につけた肉を30分間、真空保存します。

写真:FOSA真空保存で下味30分後の様子

30分後、真空保存を解除して肉全体に味が浸みるよう上下ひっくり返します。

再び調味液に漬けた肉を容器ごと真空保存して更に30分間、調味液に漬け込みます。

(3)加熱する。

真空保存容器(FOSA)の蓋を電子レンジ加熱用(緑色)に変えて電子レンジ加熱します。

【加熱時間目安】

  • 500w:18分
  • 600w:15分

我が家の電子レンジは回転しないため(お肉に均等に火が通るかなと思って念のため)容器を途中で取り出し向きを変えています。

FOSA真空でチャーシュー

出来上がり♪

このまま冷まして更に味を馴染ませます。

まとめ

FOSA真空でチャーシュー

出来上がった万能チャーシューを薄切り、薬味と胡麻を振ってみました。

チャーシューと言うと手の込んだ難しい総菜と思ってずっと敬遠していたのですがレンチンだけでこんなに簡単にできるとは!今後、食卓にチャーシューの出番が増えそうです。

おまけ~味付け玉子

豚汁が加わり美味しくなったタレはゆで卵を入れて味付け玉子を作ることが出来ます。

ゆで卵をタレに入れた後に再び真空保存することで短時間(30分程度)でも玉子にもしっかり味が浸みてくれます。

参考

★今回の料理で使用した真空保存容器 ⇒ FOSA最新角型タイプ(ショップジャパン販売)


スポンサードリンク