レンジ&真空保存FOSAで茹で枝豆・茹でトウモロコシの旨みアップ術

夏になると定番、枝豆&トウモロコシですが電子レンジ加熱→真空保存(FOSA)で作るとホクホク!美味しく仕上がります。

明日を、もっと、ハッピーに!『ショップジャパン』


モニター用FOSA提供:ショップジャパン


スポンサードリンク



茹で枝豆

材料

枝豆一袋
小匙1程度
1回調理分の材料

作り方

(1)水洗いした枝豆に塩を振り手で揉み込む。

(2)レンチン対応FOSA(フォーサ)容器に(1)枝豆を入れる。

(3)レンチン用の蓋をして電子レンジで加熱する。

レンチン時真空保存FOSA枝豆

【加熱の目安】

  • 500w:4分
  • 600w:3分

(4)電子レンジから枝豆を一度取り出し全体をかき混ぜてから更に電子レンジ加熱する。

【追加の加熱目安】

  • 500w:3分
  • 600w:3分

※加熱時間は枝豆の大きさによって時間は調整して下さい。

レンチン時 途中前後入れ替え

枝豆全体ムラなくレンチンするコツは途中で上下入れ替える事。

箸やスプーンなど混ぜても良いのですがチマチマやるのは意外に面倒!

そんな時は急がば回れ!FOSA真空保存容器より一度、大きな器に一度取り出し、再度、FOSA真空保存容器に戻すことで枝豆上下が簡単に入れ替わります。

(5)粗熱が取れたら真空保存する。

レンチン真空保存FOSA枝豆

FOSAで真空保存するためには上部に1.5㎝程度の隙間が必要なのでレンチンで茹で上がった枝豆が多過ぎる場合はお皿に盛って食べてしまいましょう♪

レンチン真空保存FOSA枝豆

レンチン&真空保存後、丸一日経過後の枝豆です。

真空保存によって塩味がしっかり浸透、うまみが増しています。

茹でトウモロコシ

材料

トウモロコシ1本
1回調理分の材料

作り方

(1)トウモロコシ1本より表面一枚皮※を残して皮を剥きます。

※皮一枚残すことで乾燥を防ぎます。皮がない場合はラップします。

(2)レンチン対応FOSA(フォーサ)コンテナに(入りきらない場合はカットして)入れます。

(3)レンチン加熱します。

【追加の加熱目安】

  • 500w:6分
  • 600w:5分

※加熱時間はトウモロコシの大きさによって時間は調整して下さい。

(4)粗熱が取れたら真空保存します。

レンチン真空保存FOSAトウモロコシ

レンチン&真空保存後、丸一日経過した茹でトウモロコシです。冷蔵庫でしっかり冷えていますが甘味&旨み共にしっかり残って美味しいです♪

参考

★今回の料理で使用した真空保存容器 ⇒ FOSA最新角型タイプ(ショップジャパン販売)


スポンサードリンク