ココマイスター皮革トラベルバッグを徹底チェック

マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター
マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター

2015年10月東京渋谷ヒカリエで開催されたイベントにてココマイスターより販売している「革製トラベルバッグ」を2タイプをチェックして来ることが出来ました。

手持ちトラベルバッグとして一般的に使われることが多いナイロンバッグですが、希少性が高い皮革バッグに持ち替えるだけで大人の装いにシフトします。


スポンサードリンク



マルティーニ・キングファーガス

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス
  • 外装:マルティーニ
  • 内装:マルティーニウルトラスエード
  • 金具:ニッケル(シルバー、つやあり)
  • 重量:1800g(本体)
  • ポケット:内装3
  • 外寸:29×51.5×26cm(深さ・横・厚み)

ココマイスターにて販売中のマルティーニ皮革を使ったトラベルバッグです。

カラー展開は写真のオールドブラックの他、ブランデー、ダークネイビー、ビターチョコの4カラー展開。写真はオールドブラック。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

横から見た様子は威厳があるかまぼこ型。

D缶に付属のストラップを通すことでショルダー掛けして使うことも可能です。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

底面にはビジネスバッグを地面の汚れなどから守ってくれる「鋲」が付いています。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

バッグ持ち手は1つにまとめて置くことが可能。

忙しない移動の際、持ち手が1つにまとまっていると便利です。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

「持ち手」の形はココマイスターバッグでは定番、丸みを帯びたです。

縫い目が内側についていることで持ちやすい、更にバッグ本体に当たった際に衝撃が小さくなるよう工夫されています。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

本体「マルティーニ」と同じ皮革を使ったファスナー取手部分、更に南京錠がついたことで堅牢な雰囲気を醸し出しています。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

付属のストラップもマルティーニの皮革を使用。ちょっとしたアクセントになています。

ココマイスター 旅行用ボストンバッグ
マルティーニ・キングファーガス

内装に使われている素材は「マルティーニウルトラスエード」。

たっぷりした収納力に加えてポケットも充実。

ファスナー付きポケット1つ、フリーポケットも2つが装備されていることで「大切な書類は何処にしまったかな…」など心配事も大幅に減らすことが出来そうです。

マットーネ・ダルベルティス

マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター
マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター
  • 外装:マットーネ
  • 内装:マットーネウルトラスエード
  • 金具:ニッケル(シルバー、つやあり)
  • 重量:1500g(本体)
  • ポケット:内装3
  • 外寸:29×51.5×26cm(深さ・横・厚み)

ココマイスターで人気定番マットーネの皮革を使ったビジネスバッグです。

カラー展開はオールドブラック、ブランデー、ダークネイビー、ビターチョコの4カラー展開。写真はビターチョコ。

持ち手&延長線上に配された別カラーがアクセント。

前出「マットーネ・ダルベルティス(1800g)」と同サイズトラベルバッグながら300Ḡ程度軽くなっているのが嬉しい。

マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター
マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター

マットーネ・ダルベルティスを横から見た様子。

D缶にストラップをつけることでショルダーバッグとして利用可能。

マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター
マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター

本体ボディ部分に刻印された「COCOMEISTER(ココマイスター)」の文字が光ります。

ココマイスターのトラベルバッグを実際にみて、まとめ

マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター

個人的に好きなアングルです。

上質な皮革の質感には気品を感じます。

マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター
マットーネ・ダルベルティス-ココマイスター

写真右:マットーネ・ダルベルティス
写真左:マットーネ・ガンドルフォ

当記事で詳細紹介したビジネスバッグ「マットーネ・ダルベルティス」と一緒に1サイズ小さなビジネスバッグとなる「マットーネ・ガンドルフォ」を撮影。

男性が持つのであれば「マットーネ・ダルベルティス」、女性が持つのであれば1サイズ小さめとなる「マットーネ・ガンドルフォ」がバランス的にベストマッチ。

現実的には荷物が多い女性が「マットーネ・ダルベルティス」、男性がひと回り小さめ「マットーネ・ガンドルフォ」を持つことになりそうです。


記事で紹介したミニトート、ボディバッグ詳細はココマイスターにて確認することができます。

 


スポンサードリンク