私が未だに「ガラケー」を持つ理由。でも「ガラケー」卒業しそうな理由

「ほぼスマホ」出現で、未だ頑なにガラケーな私も年貢の納め時かも知れない。

どうせスマホにするならより安く快適に、どんなプランに何時入れば良いのか?本気でスマホ・デビューを考え始めた。

まずは現状分析から。

1.私が未だに「ガラケー」を持つ理由

  • ランニングコストが高い。
    端末は秋葉原で新古品を買ってきたのでローンゼロ。

    殆ど通話することがない&ほぼ自宅に居ることが多い私が現在ソフトバンクに支払っている金額は2,000円未満/平均。女なのでもちろん長電話するけど相手もソフトバンクなので通話料ゼロなのよね。

    現在一般的なスマホのランニングコストが7~8千円だとすると1ヶ月間にかかるコストの差があまりに激しく、いくら主流、流行りとは言え、おいそれとスマホに手を出す事はできなかった。

  • 外出先でネットを見ることが少ない。
    住まいが山手線内にあるため何処か移動する場合もほぼ30分以内に到着することが可能。よって電車の中で時間つぶしをする必要がない。

    それ以前に、ほぼ自宅でパソコンに向き合っている私はそもそも外出することが少ない。

    外出する場合はイベントに参加、或いはフィットネスクラブまで運動をしに行くということが多いので、外出先でネットにつながっている必要がない。

  • 小さい画面でネット閲覧をしたくない。
    40代に入ってから認めたくないけど老眼!が入ってきているし、今後もますます見えにくくなるだろうし、好き好んで小さい画面を観たいとは思わない。

要約すると外出先でわざわざ小さい画面と頭をつき合わせていたくない私は、要はガラケーすら要らない訳だけど、今どき、ガラケーさえ持っていないと待ち合わせや急用がある時など自分というより周囲に迷惑、そのためランニングコストが最安値となるガラケーを持っていると言った状況。

2.そんな私も脱・卒「ガラケー」に至るであろう理由

そんな私が、そろそろ年貢の納め時、脱・卒「ガラケー」が必要だと思った理由は、曲がりなりにも自ら綴るブログやサイトを持ち、読んでくれる人がいるということが理由。

読んでくれる人の中には、遠距離通勤など、スマートフォンでなければ閲覧出来ない、時間が取れない人も多いわけで、スマートフォンで私のサイトを見る人のUI(ユーザインターフェイス)を全く考えないなんて甚だ失礼!と思ったから。

なんてキレイ事ならべちゃったけど、結局は自サイトのPVを少しでも増やしたい!SEO対策の一環として、スマートフォンの使い勝手や見え方を検証するために、パソコン上でシュミレーターを動かしているだけでは心もとないと思ったからですね(笑)。

P1240932

▲ipadタブレットやパソコンで、スマートフォン上でどのように見えるか?シュミレーションは可能でも本当のスマートフォンではないため、遷移の仕方の確認など、限界がある。

写真はipadタブレット上でスマートフォンで表示される様子を表示させている所。写真がはみ出て表示されるため、どうしたことかとアレコレ調べてみたら何のことはない、シュミレーション上のエラー。実際にスマートフォンで同画面を見たらはみ出ることなく縮小して画像表示されていた。

シュミレーションできても完全ではないことを痛感。自分のサイトが、閲覧者が多くなっているスマートフォンから一体どのように見えているのか、しっかり把握するためにはまずは自分がスマートフォンを持つことから始める必要がありそうだ。

 


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です