富士通2013最新ウルトラブックSH/UH/AH詳細チェック&比較してみた。

20131108.PCフェア

2013年11月開催リンクシェア主催「パソコンフェア」にて、2013年最新となる富士通モバイルPC「LIFEBOOK」SH/AH/UHの3シリーズを実際に触ってくることができたので詳細をチェックしてみました。

【PR】使って安心!富士通ショッピングサイト「WEB MART」で購入した最新カスタムメイドモデルは送料無料&3年無料保証付♪

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART


スポンサードリンク



LIFEBOOK AH/SH/UH 2シリーズを比較

富士通によるとSH/UHコンセプトは以下の通り。

  • AH:つい見とれてしまうほど美しいMADE IN JAPANのタッチ対応ハイスペックノートPC
  • SH:1日中使えるドライブ搭載ウルトラスタミナモバイルPC
  • UH:タッチなのに軽い+刀のようなカッコイイウルトラブック

富士通初心者の私にはコンセプトを聞いても区別が付かなかったので(苦笑)整理してみました。

まずAHについて商品仕様をザッとまとめると以下の通り。

  • Win8Pro選択可能:◯
  • Corei7選択可能:◯
  • 最大メモリ積載量:16GB
  • HDD/SDD:1TBハイブリッドHDD
  • ディスプレイ:15.6型ワイドフルHDタッチ対応
  • 薄さ:23.8mm
  • タッチ:◯
  • デザイン:360度フルフラットデザイン
  • 堅牢性:高強度ガラス/HDDプロテクション
  • その他:NFC+F-LINKによってスマホをかざすだけでPCへ写真を簡単転送
  • 重量:2.5KG

本来であれば「Win8Proでも、Corei7でも無くても良いからコストダウンしたい」と思う人に向けての比較もする必要があるのだけど、今回は便宜上「どれだけスペックを上げることが出来るか」の観点で比較しています。

重量2.5kgの段階でモバイルノートというよりは主に自宅で持ち歩きながら使うノートと定義。外出先での利用を完全に意識したSH,UHシリーズとは別に考えるべき。

さてここで本題。

モバイルパソコンとして SHシリーズとUHシリーズの違いについてしっかり比較してみることにしました。

SH UH
Win8Pro選択可能
Corei7選択可能
最大メモリ積載量 10GB 10GB
HDD/SDD 1TB HDD/256GB SDD 500GBハイブリッドHDD/256GB SDD
ディスプレイ 13.3型ワイドWQHDタッチ対応IGZO 14型ワイドWQHDタッチ対応IGZO
解像度 2560✕1440dot 3200✕1800
高精細 221ppi 262ppi
薄さ 19.8mm 15.5mm
タッチ
デザイン 強固な一枚板をイメージした「超圧縮ソリッドコア」構造のオムニデザイン。底面も表面と考えkと歌の凹凸を排除した360度美しいオムニデザイン 同左
堅牢性 天板全体で200kgfの力に耐久 同左
その他 別売マルチベイで拡張性が高い N/A
バッテリー 約21.1時間。別売バッテリユニットで約28.1時間 約12.1時間
インターフェイス 引き出し式LANコネクタ/USB3✕3/HDMI出力端子✕1/アナログRGB出力端子✕1/SDカードスロット✕1 引き出し式LANコネクタ/USB3✕2/HDMI出力端子✕1/SDカードスロット✕1
重量 約1.5kg 約1.43kg
指紋センサー  ◯

インターフェイスがより豊富、別売りマルチベイがある点で「SHシリーズ」はよりビジネス向け。ディスプレイ解像度の高さから「UHシリーズ」は表示にこだわりたい人向けでしょうか。

LIFEBOOK AHシリーズ(15.6型)

外観

P1100821

▲写真筐体カラーは鮮やかなガーネットレッド。その他シャイニーブラック、アーバンホワイトより選択可能。

P1100812

キーボード

P1100816

▲AHシリーズがUH/SHシリーズと大きく違う点にキーボードの配置。ディスプレイサイズが大きいためテンキーがついています。

P1100820

マウス

P1100814

手に持った感じ

P1100822

▲ヒンジに丸みがあって持ち運びにストレスがなさそうです。

LIFEBOOK SHシリーズ(13.3型)

外観

P1100803

▲写真筐体カラーはアーバンホワイト。他にスパークリングブラックより選択可能。

P1100798

▲AHシリーズと違ってテンキーは無いタイプ。矢印キー下に指先センサーで簡単ログインと同時にセキュリティ性が高くなっている。

キーボード

P1100807

▲男性並に手が大きい(汗)私の手を置いた様子です。小さすぎてキー入力できない!ということはなさそう。

インターフェイス

P1100802

P1100801

▲豊富なインターフェイスはSHシリーズの魅力のひとつ。

手に持った様子

P1100806

▲片手でも簡単に持つことができました。

別売りマルチベイ

P1100808

▲個人的にSHシリーズに惚れてしまった理由はコレ。拡張性がグッと高くなります。

LIFEBOOK UHシリーズ(14型)

外観

P1100840

▲写真筐体カラーはスパークリングブラック。他にサテンレッドより選択可能。

P1100835

▲ディスプレイを開いた状態。SH同様、指紋センサーがついています。

キーボード

P1100800

▲キーボード配置はSH/UHほぼ同じ。

手に持った様子

P1100841
▲モバイルを前提として作られているのでもちろん軽く持つことができます。

インターフェイス

P1100838

P1100837

ネットショップならでは!カスタムメイドで選べるオプション

最後に富士通ショッピングサイト「WEB MART」ならでは!選べるオプションを以下にまとめておきます。

LIFEBOOK SHシリーズ(13.3型)

  • OS・・・Windos8.1通常版/同Proより選択可能
  • cpu・・・Corei5/i7より選択可能
  • メモリ・・・4GB/6GB/10GBより選択可能
  • SSD/HDD・・・500GB HDD/ITB HDD/500GBハイブリッドHDD/256GB SSDより選択可能
  • ドライブ・・・スーパーマルチ、Blu-ray Discより選択可能
  • OFFICE・・・「1.なし」「2.Ofiice Home and Business」より選択可能

LIFEBOOK AHシリーズ(15.6型)

【WA2/Mの例】

  • OS・・・Windos8.1通常版、同Proより選択可能
  • メモリ・・・8GB/16GBより選択可能
  • HDD・・・500GB HDD/1TB/1.5TB/1TBハイブリッドHDDより選択可能
  • OFFICE・・・「1.なし」「2.OfiicePersonal」「3.Ofiice Home and Business」より選択可能

【WA1/Mの例】

  • cpu・・・Celeron 2950/corei3-4000M/corei5-4200Mより選択可能
  • HDD・・・500GB/1TBより選択可能
  • OFFICE・・・「1.なし」「2.OfiicePersonal」「3.Ofiice Home and Business」より選択可能

LIFEBOOK UHシリーズ(14型)

  • OS・・・Windos8.1通常版/同Proより選択可能
  • cpu・・・Corei5/i7より選択可能
  • メモリ・・・6GB,10GBより選択可能
  • SSD/HDD・・・500GBハイブリッドHDD/128GB SSD/256GB SSDより選択可能
  • OFFICE・・・「1.なし」「2.Ofiice Home and Business」より選択可能
  • その他・・・Win8.1Pro/Corei7/スパークリングブラック選択時はポートリプリケーター対応

予算に応じて限りなく自分仕様のモバイルPCが手に入りそうです。


【PR】記事で紹介したパソコンは富士通ショッピングサイト「WEB MART」にて購入できます。


スポンサードリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です